So-net無料ブログ作成
検索選択

販売物件を知る エリア知識 [営業の基本 基礎]

自社で販売している物件仲介している物件を

詳しく知る



販売者が商品を知る

当たり前のことですね


土地・建物本体の知識全般


近隣環境

学校、買い物、役所、駅、バス停などの生活施設


交通手段:自分の足、バス、電車、車

時間帯、通勤、通学経路

天気:朝昼晩、早朝、夜中


出来る限り地域に精通する


掘り下げて知れば知るほど上辺だけ知っている営業マンとの

差別化にもなります。



中長期で担当する

新規分譲物件(戸建てマンション)

仲介営業の担当エリア

は特に力を入れてください。



私の知り合いは担当エリアに精通するため

そのエリアに引越しをしていました。



そしてお客さん紹介、案内時に

「私はここに住んでいるので分からないことがあれば

何でも聞いてください」と説明


実際に生活している環境を説明してあげる



するとお客さんから信頼・安心されるようになります。

当然、営業成績も上位に入っていました。



ではまた


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。