So-net無料ブログ作成

接客会話のメモ 録音 録画 記録する クレーム防止 [営業の基本 基礎]

前回お話しました

スケジュール帳の重要性 不動産営業スケジュール管理


上記内容をもう少し掘り下げて

スケジュール帳の重要性

お客さんとの会話を記録することの重要性を話します。



最近、企業に0120の問い合わせ電話をすると

”会話内容を録音させてもらいます ご了承ください・・・”

という内容のガイダンステープが流れる回数が増えました。



私の知る例で言えば

金融機関、証券会社、インターネットプロバイダー、電話会社など



理由は

”言った?言わない!”

”聞き間違い?言い間違い!”

などのトラブル回避

企業から見ればクレーム防止のためです。




クレームは企業の信頼を失いますし無駄な労力も使います。

営業マンも同じです。



不動産売買は大金が動くこともありクレームになれば問題も大きくなります。

メモを取って残すとクレーム防止にもなります。



あるハウスメーカーで新築打ち合わせ内容の記録方法です。

◇カーボン紙付き用紙に書き込み お客さんにも配布

◇お客さんに了解を取り打ち合わせ内容を録音・録画

録画は少しやり過ぎかなと思いますが・・・



逆に慎重なお客さんは営業マンとの会話をICレコーダーで

常に録音していたケースもあります。



若い人ほど自分の記憶力・暗記力に過信してメモを取らず

スケジュール帳を持たない人が多い。

記録が残っていれば”言った・言わない”などの無駄な

トラブルも減少します。



最低でもメモ用紙付きのスケジュール帳は常備するようにしましょう。




本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ではまた
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。