So-net無料ブログ作成
検索選択

不動産営業がきついと感じる時 [不動産営業 裏話 雑談]

今回は私の不動産営業経験の中できつい、ツライと感じる時の話

※過去の話なので感じた時の話です。


不動産営業 つらい .png

大きく分けて7つ

1 一度に大量の仕事が重なり徹夜しても片付かない時

2 忙しすぎてお客さんの期待に応えられなかった時

3 購入されたお客さんが売却を依頼された時

4 お客さんに不幸が有った時

5 契約からクレームになってしまった時

6 クレーマーの担当になった時

7 体調不良・病気をした時



◇ 一度に大量の仕事が重なり徹夜しても片付かない時


毎年2月ぐらい大量依頼が入る時期におこります。

査定から売却依頼:物件調査、売り出し資料作成

購入依頼から案内契約:価格条件交渉、契約内容説明

契約準備から契約:契約書・重要事項説明書 他の作成
      
書類の読み合わせ、署名捺印作業

契約済み物件の引渡し処理:銀行住宅ローン実行、鍵の引渡し、確認等


内容は普段の仕事と同じですが件数が重なり

忙しすぎて自分の体が3つくらい欲しいと

思ったこともありました。


具体的に言えば

査定から売却依頼が14件

物件案内が8件

契約が7件

引渡しが5件


これが1週間の中で全部処理しないと

いけなかったケース


この他にも細かい雑務がありその週は1日の平均睡眠時間3時間

これはかなりきつかったです。




◇ 忙しすぎてお客さんの期待に応えられなかった時


上記のような状態で仕事をすると1件ずつ完璧な対応が

できなくなります。

その時に満足する仕事ができずに“お客さんに申し訳ない”

気持ちで精神的にもつらくなります。




◇ 購入されたお客さんが売却を依頼された時


自分から不動産購入していただいたお客さんが

何らかの理由で売却しなればいけなくなるケース


今より大きな家への買い替え、栄転などでの処分など

前向きな売却は全く問題ありません。


問題はその逆のケースでネガティブな売却理由

住宅ローンが払えなくなった時

離婚での売却などです。


自分と関わった人、感謝しているお客さんが

不幸な目にあうのはつらく感じます。



◇ お客さんに不幸が有った時


不幸な目に会うということでは上記と同じですが

これは亡くなられたり大きな事故、大病をされた

ケースです。


過去記事“お客さんを家族、知人と思うこと

にも書きましたが私は自分のお客さんを

身内と同じくらいの気持ちで接するように

していたのでつらいというか悲しいと思った時です。



◇ 契約からクレームになってしまった時


不動産売買はクレーム産業と言われる業界なので

どれだけ気をつけて細心の注意をしていても

突拍子も無いトラブルが発生したりします。


それで、お客さんに迷惑をかけてしまった時は

かなりつらかったです。




◇ クレーマー客の担当になった時


これはどの仕事にも付き物ですが

もうどれだけ完璧な接客・対応をしても

クレームになるお客さん、

確信犯的にわざとクレームにしてくる

お客さんのケースです。


頻繁に電話がかかり呼び出されたりしてリズムを

狂わされるのとストレスが貯まるので基本的に

忙しい不動産営業では精神的にツライです。




◇ 体調不良・病気をした時


過労やストレスから体調不良で風邪をひいたり

病気をしたケースです。


病気になるのはほとんど忙しい時なので

休めなかった時がツライです。


1回だけ難病と言われるある大病を患いました。

本来は長期入院する病気だったようですが

私はその時も出勤していましたね。

※病気は3年間の闘病から気合で完治させました。



一度だけ1週間休んだのはお客さんの子供から

水ぼうそうを移された時


大人の水ぼうそうで40度の高熱と顔じゅうに水泡が

できる症状。


個人的には問題ありませんでしたが

人に移る病気だったのでさすがに休みました。






まとめますと不動産営業と言う職種に限らず

一部の楽な公務員さんで無い限りほとんどの職業と

同じつらさと思います。



違うのは不動産営業の場合は高額歩合が

あるので忙しくても大きな見返りがあるため

つらくても頑張れる・やりがいがあると思います。



私の場合、どんなにつらくてもしんどくても

お客さんから感謝されることをプラスのエネルギーにして

頑張れたと思っています。





本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ではまた

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。