So-net無料ブログ作成
不動産が売れる時期 動く時期 戦略 ブログトップ

不動産 新年度前の需要とアベノミクスと消費増税導入前の駆け込み購入 [不動産が売れる時期 動く時期 戦略]

138.png



毎年、1月から3月は4月の新年度に向け不動産売買が活発になります。


そんな中で今年は自民党への政権交代、アベノミクスで

株価上昇、景気回復、東京オリンピック

そして4月消費税前の駆け込み需要から

不動産業界に追い風が吹いています。



過去記事です

不動産が売れる時期 動く時期 戦略 動きにくい時期 営業手法 




続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

新年度向け引越しの駆け込み需要時期 不動産営業 [不動産が売れる時期 動く時期 戦略]

今年度も本日を入れて後2週間です。


新年度お引越し希望者さんも引越し準備をしているところですね


私が不動産会社在職中はこの時期、売買物件の最終引渡しに

追われて大忙しでした


それと運悪くまだ購入物件が決まっていないお客さんの案内

中にはなんとしてでもお子さんの新学期に間に合わせたいとして

探されている方



住宅ローン申込・審査や引渡し・引越し時間を入れれば本当にギリギリの

過密スケジュール



購入物件を探すポイントは空家・即入居可能


最後は衝動買いのような感じで購入されるお客さんが多い。


本来、不動産は気に入った物件が見つかればじっくりと

物件本体や周辺環境を調べるものです。


そんな状況なので私達不動産営業マンはいつも以上に細心の注意を

図る必要があります。



また情報収集もスピード対応が求められます。

私はこの時期は体力の続く限り仕事していました。



購入頂いたお客さんが後悔することほど営業マンにとって

悲しいことはありません。





本日もお読みいただきありがとうございました。

ではまた
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

不動産が売れる時期 動く時期 戦略 動きにくい時期 営業手法 [不動産が売れる時期 動く時期 戦略]

不動産物件、特に一般住宅がよく売れる時期

それは1月から3月です。

賃貸不動産も大忙しになります。


理由は年度末と新年度に向けての引越し


◇転勤

◇新入学

◇新入社員



その相乗効果で上記に関係の無いお客さんも

動きます。



私の経験上、1月から3月の3ヶ月間で

年間営業成績の半分以上を出すケースが

多々ありました。



不動産営業で好成績を目標にするなら

1月から3月の戦略を立てることが重要です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:仕事
不動産が売れる時期 動く時期 戦略 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。