So-net無料ブログ作成
不動産営業 ビジネスマナー ブログトップ

不動産営業マンに大きな声は必要でしょうか?  [不動産営業 ビジネスマナー]

答えは不要です!


正解は

”普通の声の大きさで話す”

です。


大きな声の営業マンが有能とは限りません


入社すれば会社の上司に

”営業マンは元気で大きな声で話すように”

と教育されます。



はっきり言って時代遅れ・時代錯誤です。


昔の電話アポ営業・訪問販売営業では有効でした。




私の会社でもそうでした。

上司も周りの先輩も皆が大きな声ばかり



上司から

”お前がお客さんと喋っている電話の声は聞こえない”

とよく言われていました。



私の声は大きくも小さくもなく普通です。

現実は上司・先輩・同僚の声が大き過ぎの状態



私はお客さんから声が小さくて聞き取りにくい・聞こえない

など一度も言われたことがありません。



自分がお客さんの立場になって考えて見ましょう



不動産のような大きな買い物をするのに営業マンから

迫力のある大きな声で話されてどう感じますか?


私がお客さんなら不快です。

冷静にじっくり考えれません。


事務所・喫茶店などなら恥ずかしく感じます。

名前を呼ばれて個人情報が漏れないか心配

電話の大きな声は耳が痛い

※昔と違い、今の電話は聞こえやすくなっています。



中には

”元気があって迫力に押されて買っちゃったわ”

というパターンがあるかもしれませんが今の時代は稀です。



デメリットは

自分の大きな声でお客さんの声が聞こえず

聞き上手な営業ができなくなる

極端な例で言えば映画館やコンサートのような場所にいる騒がしい状態


いつも自分の大きな声のトーンがあるので慢性的に自分の耳も遠くなります。

営業マン自身が疲れます。



私の職場では必要以上に大きな声の営業マンは

売り上げ不振が多い傾向にありました。



私が営業マン時代に目指していたのは

穏やかな普通の声で話しお客さんの話をよく聞きポイントを抑えたスタイル

言葉だけでなく書類も使って理解してもらう形でした。



今はデジタル化で

進んだ業界ではタブレットで動画を使って説明・交渉する時代です。


時代遅れにならないようにしたいですね



本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ではまた
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

不動産営業マン 喫煙 ヤニ臭 禁煙を勧めます! [不動産営業 ビジネスマナー]

あなたは喫煙者ですか?


不動産営業はハードな職業です。

また人によってはストレスがたまり易い。


そのストレスを解消するのにタバコを吸っている人が

多いのも事実です。


私の前職場でも営業マン7人中3人が喫煙者


ここ数年は受動喫煙、副流煙が話題になり

喫煙者が肩身の狭い思いをしています。


ちなみに私は若い時期に禁煙しました。


自分がタバコを吸わなくなってやっと気付きましたが

煙の臭さ、煙たさでかなり不快になります。


喫煙者の乗用車の中、スーツ衣服

けっこう臭ってますよ


お客さんが物件見学で真剣に集中して考えようとしても

タバコ臭で余計なストレスが発生します。



以前にも書きましたが不動産営業とは自分に厳しい職業です。


過去記事
営業マンとは自分に厳しい仕事 自己管理



あなたが喫煙者なら今すぐに禁煙することをお勧めします。

テレビCMではありませんが今は病院でも禁煙治療が出来ます。



タバコはニコチンから中毒症状、依存症、肺がん 他

多くの健康被害を及ぼします。


百害あって一利なしです。




本日もお読みいただきありがとうございました。

ではまた
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

営業マン話し言葉 私は、僕は、俺は [不動産営業 ビジネスマナー]

お客さんとの会話で自分のことを表す時の呼び方です。

①「私は・・・」、②「僕は・・・」、③「俺は・・・」

あなたはどうですか?


私は21歳で不動産営業会社に就職して以来ずっと

「私は・・・」です。


お客さんからの目線では

「僕は・・・」は目下

「俺は・・・」は無礼、友人会話


私も20歳までは「僕は・・・」でしたが

それは子供が親によく使う言葉でもあり

使っている本人はそうでなくても

年配者から見れば甘えているようなイメージです。



営業の接客場面で

「僕はまだ新入社員でよく分かりません」と

言う会話を耳にします。


しかしお客さんからすれば接客している時点で

もうプロです。



新入社員からすれば最初は慣れませんが

「僕」から「私」に変えると社会人意識、プロ意識も

芽生えやすくなります。



※ベテランでも例外的に親近感用、キャラクター設定用で

敢えて「僕は」を使う営業マンもいます。




本日もお読みいただきありがとうございました。

ではまた
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
不動産営業 ビジネスマナー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。